30歳を過ぎてから目指す

エステティシャンになりたい、と考えている人の中には、既に30歳を過ぎ、「もう年だから、新しい業種に転職するのは無理」と諦めてしまっている人も多いかと思います。

 

エステティシャンに限らず、30歳を過ぎると、なかなか新しい職種へチャレンジするというのは難しいのが現状です。

 

それは、やはり若い人の方が覚えが早く、即戦力になると考えられているからかも知れません。

 

しかし、エステティシャンという職業は、技術を覚えるだけでよい、というものではなく、お客様やスタッフ同士のコミュニケーションがとても大切な職業です。

 

そういった意味では、社会人経験を積み、さまざまな人間関係を経験している人の方が、エステティシャンには必要な場合もあります。

 

実際、エステティシャンの養成学校には30歳を過ぎた生徒も多数在籍しており、卒業後はエステサロンに就職している人がほとんどです。

 

エステティックサロンの求人内容を見てみても、未経験者は35歳くらいまで、と設定している場合が多く、やる気がある人なら、30歳過ぎでも積極的に採用しているようです。

 

現代のエステティックサロンは、若い人はもちろん、年配のお客様の需要も増えてきています。

 

そのようなお客様の要望を聞けるスタッフとしては、20代の若いエステティシャンより30代以上のエステティシャンの方が安心感があるというアンケート結果もあります。

 

せっかく芽生えたエステティシャンになりたいという夢を、年齢であきらめることなく挑戦して、叶えていってほしいと思います。