向いている人ってどんな人?

毎年、たくさんの人がエステティシャンに憧れて、「私も素晴らしいエステティシャンになりたい」という夢を持って、エステ業界へ就職をしています。

 

しかし、いざ仕事をしてみると、想像と違っていたり、嫌になってしまったりして辞めていく人も数多くいます。

 

エステティック業界というのは、美容を扱う仕事なので、華やかで高級感あふれたイメージがありますが、実際は肉体労働で体力が必要だったりして意外とハードな仕事なのです。

 

ですので、甘い考えでエステティシャンになりたいと考えている人は、挫折する可能性も高くあると思います。

 

では、どのような人がエステティシャンに向いているといえるのでしょうか。

 

 

エステティシャンに必要な要素として、

 

●気持ちの良い接客

 

●美容についての知識

 

●お客様の親身になって話を聞くコミュニケーション能力

 

などがあります。

 

 

エステティシャンはまず、安心して施術していただくために、お客様との信頼関係を築きます。

 

お客様の悩みや希望をヒアリングし、的確なアドバイスをします。

 

そのためには幅広い知識が必要となり、あらゆる美容分野の勉強が必要となります。

 

ここでお客様から信頼を得られるか否か、エステティシャンとしての素質が問われるのです。

 

お客様のために地道に勉強を重ね、人のために役に立つことに喜びを感じる人は、エステティシャンに向いていると言えるのではないでしょうか。

 

お客様を磨きながら自分自身も磨かれていく、というのが、エステティシャンという職業の特徴なのです。