専門学校に通ってエステティシャンになる

エステティシャンという仕事は、女性の美を追求する仕事であり、全身の美容についての専門家といっても過言ではありません。

 

その専門家になるためには、専門学校に通って、しっかりと知識を習得するのが一番の方法ではないかと思います。

 

専門学校で勉強する内容は、学校ごとに多少は変わって来ますが、大抵が一般教養とフェイシャル・ボディ等の実技、生理解剖学、皮膚科学、栄養学などトータルの美について勉強することができます。

 

中にはアロマセラピーといった癒し療法やカラーコーディネートなどファッション関連などの勉強をする学校もあります。

 

専門学校というと、高校を卒業後の進路先、と考えがちですが、社会人はもちろん、子育てがひと段落した主婦など、幅広い人が通っています。

 

また、知識をしっかり学べるということで、学費が気になる…と言う人も
いると思いますが、この点でもたいていの学校で教育ローンなどの設定があり、学費負担の軽減措置が敷かれています。

 

エステティシャンの専門学校とは?

 

エステティシャンの専門学校はやはり都内、都心部に多いと思われがちですが、最近では「○○ビューティスクール」というような名前がついている、エステティシャンを始めとして、ネイリスト・メイクアップアーティスト・美容師等を養成する専門学校が増えています。

 

恐らく、あなたがお住まいの都市にも一つや二つは存在しているのではないでしょうか?

 

有名な所では

 

● ミスパリ エステティックスクール東京・仙台・大宮・千葉・横浜校

 

 

また全国では多数のエステティシャンのための専門学校があります。

 

→ ケイコとマナブのエステスクール

 

専門学校では、卒業後にエステサロンへの就職を斡旋してくれる学校がほとんどで、学校が直営している系列のサロンや、大手サロンなどで、すぐに学んだ技術や知識を活かすことができます。

 

また、そういった技術や知識は、自分自身の美意識を高めることにも繋がり、いつまでも若々しい魅力を維持できるというメリットもあります。

 

エステティシャンは、人も自分もキレイにする、女性にとって夢のような職業ではないでしょうか。