エステティシャンとセラピストの違い

エステサロンの求人募集などをみると、「エステティシャン募集」というものと「セラピスト募集」という2通りの言葉が使われていることが多いのですが、この「エステティシャン」と「セラピスト」の違いとは何なのでしょうか?

 

結論から言うと、エステティシャンもセラピストも内容に違いはなく、同じものと思って問題はないようです。

 

エステティシャンもセラピストも、国家資格を必要とせずに行うことが可能な職業ですので、はっきりとした定義はありません。

 

たいていの場合、全身美容のエキスパートとしての業務についている人をエステティシャン、またはセラピストと呼んでいます。

 

しかし、その一方で、エステティシャンとセラピストの定義をしっかり区別して使い分けている人もいます。

 

例えば、エステティシャンはフェイシャルトリートメント、ボディートリートメントなど、外見の美を追求する施術者なのに対し、セラピストはアロマセラピーやヒーリングミュージックなどリラクゼーション効果のある施術を行う者、という定義方法です。

 

これは、あくまでも個人の考え方なので、公的に決まった定義ではないのですが、このようにエステティシャンとセラピストの定義を明確に分けた方が、お客さんにとっては理解しやすく、親切であることには間違いなさそうです。

 

エステティシャンとセラピスト、まだまだ曖昧で戸惑ってしまいますね。

 

サロンによって考え方に違いがあるので、事前にきちんと確認をして自分の希望に合ったサロンを選ぶようにしましょう。