エステティシャンの資格とは?

エステティシャンは、人の身体に触れたり、色々な美容器具を使ったりする仕事ですが、国家資格などの特別な資格は必要なく、希望すれば誰でもなれる仕事です。

 

しかし、民間の資格はいくつかあり、これらを取得していれば、就職や給料面で有利なのは言うまでもありません。

 

エステティシャンの民間資格として有名なのが、

 

●日本エステティック協会 認定エステティシャン

 

●日本エステティック協会 認定フェイシャルエステティシャン

 

●日本エステティック業協会 認定エステティシャン

 

●INFAジャパン 認定エステティシャン

 

●ソワンエステティック認定 認定ビューティセラピスト

 

などです。

 

エステティックサロンで働いているエステティシャンの多くは、このような民間資格を取得している人がほとんどです。

 

また、自分でエステティックサロンを開こうと考えている人は、エステティック関連の資格だけではなく、アロマセラピーやリフレクソロジーなどリラクゼーション関連の資格や、カラーコーディネーターやフードアナリストなど、美容+αの資格を取得している人が多いようです。

 

エステティシャンが取得したいとしている資格は、美容と健康についてのものが多く、仕事で必要なのはもちろん、私生活でも役立つものがほとんどです。

 

エステティシャンとしての前提条件として、お客様に常に見られていることを意識して、自分自身がキレイで健康的な姿を保つことが大切ですね。

 

そのためには、美容+αの資格の勉強をして、お客様だけでなく、自分のために活かすことも重要になってくるのではないでしょうか。